2008年12月30日

スキャル手法

私がやろうとしているスキャル手法は、某投資系の情報商材を扱うメルマガ読者限定で告知があり、販売数も300部程度と極端に少ない方しか手に入れることができなかった手法です。

システムトレードではなく、裁量トレードで、あるテクニカル指標をいくつか組み合わせてエントリーやエグジットを判断することになります。

正直なところ、まだ完全に手法をマスターできたとはいえませんが、これまで3ヶ月ほどかなり練習してきました。

チャートの読み方、トレンドラインの引き方、フィボナッチなどなど、基礎から勉強し、チャートを印刷し、繰り返し繰り返し練習です。

それでも私の場合、勝率は60%強位だと思います。

ただ、最近はデモトレードである程度取れる自信が出てきました。

システムトレードもやってきましたが、最後は裁量が必要だと感じ、挑戦します。
posted by スキャルman at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スキャル手法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111903070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。