2010年12月15日

ヒロセ通商のLION FXを使ってみた

FXブロードネットの約定能力がいまいちと感じることが多いので、ユニークなキャンペーンで有名なヒロセ通商に口座を開いてみました。

ヒロセ通商にはいくつかのトレードシステムがあるのですが、今日はじめてLION FXを使ってみてリアルトレードしてみました。

同時並行でFXブロードネットのトレードツールも立ち上げて、レートを確認しながら、同じようにトレードしたのですが、約定は、ヒロセ通商のほうが早いです。エグジットの時にFXブロードネットでエグジットの注文を出してから、すぐにヒロセ通商も同じようにエグジット注文を出したところ、ヒロセ通商のほうが先に約定しました。まあ、その差は1秒もないかもしれませんし、ロット数の違いもあるのかもしれませんが、ヒロセ通商のほうがサクッと約定する感じです。

同じドル円、同じ時間での注文なので差があるとすれば、業者の能力の差かロット数くらいしか思いつきません。

ユーロドルのスプレッドは、FXブロードネットのほうが狭くて0.5pipsほど。ヒロセ通商は1pipsです。ドル円は同じ1pipsです。

思いのほかいい感じで約定したので、これから、しばらくヒロセ通商のほうを使っていこうかと思います。

さて、今週のトレードですが、月曜日にまたもや負けからスタートしてしまい、危うく泥沼にはまりかけましたが、月曜中にかなり取り戻して、昨日今日と負けなしでようやく、プラスに転じました。

かなり流動性も落ちてる感じですし、今年のトレードはもう終了してもいいかなと思う今日この頃です。

生けとし生ける全てのものが幸せでありますように。
では、では。
posted by スキャルman at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リアルトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。