2012年04月27日

畑村式「わかる」技術

畑村式「わかる」技術 という本を読みました。

トレードが上達するというのは、どういうことなのかにつながると思い、図書館で借りてみました。


わかるとは、どういうことかを機械設計の専門家が分析、解説している本です。どうして機械設計の専門家が「わかる」ことに関心を持ったかというと、著者は、設計から入り、失敗学の第一人者であるから。つまり、失敗するという事はわかっていないということで、脳はどのようにして「わかる」のかに関心がいったということのよう。

さて、著者が言うわかるとは、自分が持っている頭の中のテンプレートと理解しようとしている対象をテンプレート化した時に両方のテンプレートが一致したら「わかる」となるそうです。

細かく言えば、テンプレートの要素や構造が一致すること。さらに、テンプレートがない場合、似たようなテンプレートから新しいテンプレートを創造して、わかるようになるとのこと。

学校の勉強などは、単純化した構造の骨組みだけを学ぶのでそのままでは、使えない。もっと、腑に落ちないとだめ。

また、達人になると直観的に正しい答えがわかる事はよくあるが、それは、その事象について経験を積み、テンプレートがしっかりと作られているから。同じように理解しているようでも、理解の浅い人は、直観的に飛躍できない。(将棋なんかがいい例なのかな。素人は、いろんな手を一つ一つ考えようとする。でも、達人は、最短の労力でいい手を思いつく。きっと、FXの達人も直観的に分かるのでしょう)

テンプレートの構築方法には2つあるそうです。1つは、自分で新しいテンプレートを作り上げる方法。もう一つは、例えば数学の公式(テンプレート)のようなものをひたすら暗記するという方法。

でも、後者の方法は、自分で考える事が苦手になり、いざ、知らない事に直面すると、乗り越えられない。

そんな内容でした。

つまり、FXでも商材買ったり、誰かに教えてもらったりした後、自分で分かるようになるまで、自分の頭の中に新しいテンプレートを作る必要があるということでしょう。経験を積まないと、知識だけで分かったつもりになっていてもダメなのでしょうね。
posted by スキャルman at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメの投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

これからパンローリングの投資本を読む人へ 感想

フォトリーディングした「これからパンローリングの投資本を読む人へ」の要約と感想です。

著者によれば、投資には、勉強が必要で、脳ポートフォリオを構築することが大切とのこと。脳ポートフォリオというのは、著者の造語で、いわゆる資金管理、手法、メンタルの3つのことを指しています。これらがバランスよく高い次元になれば、投資で勝てるようになるとのこと。

また、多くの投資本で言われているように、一回一回の勝ち負けではなく、トータルで勝つことが大切と言っています。もちろん、勝てるようになるには、努力が必要だと言うことです。

初心者は、どこかに聖杯のようなルールがあると思っていますが、そんなものはなく、自分にあうルールを作り上げることが大切です。一つのテクニカルをとことん研究することが大切だとか。確かに私も、T3とRCIにはこだわっています。ここ2年くらいは、本当に色々なテクニカルやテンプレートを試しましたが、常にT3とRCIは、外したことがありません。

また、その人その人のメンタルやライフスタイルに合わせた勝率やペイオフレシオ、プロフィットファクターと言ったルールを構築することが大切とも。つまり、投資というのは結構地味な世界なのです。

心理面では、著者は、準備に90%、実際の投資に10%という時間半分をしているそうです。準備というのは、いわゆる検証です。また、十分検証したルールをしっかりと守ることが大切だとおっしゃっています。まさにその通り。しかし、そこまで行き着くのにどれだけ大変か。ホントに。

また、ルールについては、自然と体が反応するくらい腹に落ちないといけないようですね。あと、重要なのが損切り。ルールに従って、10回損切りをすると、10回中9回は損切りしなくても戻ってきて利益になるかも知れないけど、残りの1回は、損切りしていて良かったということがある。その1回の損切りに救われるのだと言います。

ここは、非常に心に響きました。そうなんです。損切りは非常に難しい。私は、損切りしたあとは、チャートを見ないことがあります。それくらい、後悔する可能性があるのです。でも、1回の損切りに救われると言われたら、残りの損切りにも意味がありますね。

また、資金については、実際にその札束を手に持って、震えないくらいの金額がよいそうです。ここも、なるほどなあと思いました。

もちろん、他にも色々と書いてあったのですが、私がこの本からためになると思った箇所はこんな感じです。

金額も手ごろな本ですので、良かったら買ってみて下さい。


posted by スキャルman at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメの投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

相場で負けたときに読む本 真理編 読了

相場で負けたときに読む本 真理編(山口祐介著)を図書館で借りて読みました。

含蓄のある言葉が短くまとめられ、いくつも並んでいます。

その中で、いいこと書いているなあと思ったものをご紹介します。

・何事も起こり得る:相場は何事も起こり得る。叫んでからでは遅いのだ

そうです。インディケーターと示す方向と相場が逆に動こうとそういうこともあると、損切りしなければいけません。損切りが遅れると、退場が待っています。


・すべての行動に責任を取れ:自分で決めるのは苦しい。だから誰かに頼るのだ

トレーディングという職業では、真の自由を得る代償として、すべての行動に責任を持たなければなりません。自分の人生です。最初から最後まで自分ひとりで決断しましょう…とのことです。これは、初心者には難しいですね。自信が持てるようになるまでは、仲間やコーチがいれば、心強いです。


・理由を探すな:理由を考えるトレーダーは根拠なき楽観的思考に浸る

これは、今でもやってしまうことがあります。なかなか難しいですね。

・自分の悪い癖を探しだせ

まあ、そのままですが、トレードが上達するには記録と検証、反省が不可欠です。いわゆるPDCAですね。

・運に頼るな:勝者は勝った時も負けた時も「ああ、そうか」と思うだけだ

最近、少しだけこの心境が分かってきました。でも、最初の頃は価格が1pips動くだけでもドキドキして冷静なトレードが出来なかったです。結局、慣れなのかなあと思います。

・チャンスでためらうな:一回一回の相場は独立している。怯える必要など最初からないのです。チャンスに行動できない人は、相場から足を洗ったほうが良い。

今は、ローソク足の動きに瞬間的に反応するようになりました。特にブレイクの瞬間をじっと待って、動いた瞬間、無意識にボタンを押すこともあります。これも、慣れなんでしょうね。

posted by スキャルman at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメの投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。